AIワークショップ開発応用コース(最上級コース)

AI資格

AIワークショップ開発応用コース

AIの最上級コース。AIによる組織やチームの個別ニーズに対応するためのワークショップデザイン力を得る!

ねらい

・AIでワークショップをする際にクライアントの個別ニーズに合わせたワークショップが設計できる力をつけます。
・自社やクライアントの課題の課題を持ちこみ、個別にワークショップを開発しながら、ワークショップ作成のポイントを押さえます。
・個別課題を解決するためにAIワークショップを作る実践型コースです。

概要

・組織やチームが抱える課題を達成するためのAIワークショップを設計できるようになるためのコースです。
・本コースでは、AIの多様な事例を学習した後で、参加者の属する組織やクライアントの抱える課題を取り上げ、組織の課題を解決するためのAIワークショップの設計を行います。AIの哲学とプロセスを本格的に活用します。
・Excelでワークショップを設計するために、PC持参していただきます。自らのPCを利用して設計します。

参加するための条件

・原則AIファシリテーター資格を取得している人が対象です。
・各自のAIを実施したい組織の課題をお持ちください。
・PCを持参してください。

このコースで得られるもの

・組織がつくりあげたい姿に向かって、AIの4Dプロセスの中味をどう作りこむかを体験します。
・自らワークショップを設計します。インタビューシートの質問もつくりこみます。
・個別指導になりますので、少人数で行う実践的なコースです。

カリキュラム

第1日目

内容 オープニング
講義 AIワークショップは毎回設計が必要なわけ
AIのさまざまな事例の説明
3時間で行うAIワークショップから、4日間のコースまで
対話 AI哲学の深い理解 ~AIで生きてみて~
AI 4Dプロセスの深い理解
AIワークショップが
必要なクライアント
私のクライアントについて紹介しあう
AIで解決したい課題について話し合う

 

第2日目

発見:
発見段階を開発する
発見段階でよく利用される手法
質問を作るために考慮するポイントとは?
質問作りの本質を学ぶ
私のクライアントに利用するインタビューの質問をつくる
発見段階運用パターンのバリエーション
私のクライアントに合わせた発見段階の進め方を開発する
ポジティブ・コア:
ポジティブ・コアの位置づけと開発方法
ポジティブ・コアの意味とは?
ポジティブ・コアでクライアントが対話をする重要性とは?
ポジティブ・コアのバリエーション
私のクライアントに利用するポジティブ・コアの進め方を決定し、開発する
理想:
理想段階を表現する手法
理想段階は何のために実施するのか?
理想を表現する手法のバリエーション
理想段階での運用上の注意点を学ぶ
私のクライアントに利用する理想の表現を選択し、開発する

 

第3日目

設計:
理想実現方法を
開発する
刺激的宣言文とは何か?
何のために刺激的宣言文が必要か?
設計段階運用のバリエーション
刺激的宣言文をつくりあげる目的と事例を学ぶ
私のクライアントが求めてる成果を作るために必要なアクションとは
私のクラアイントに利用する設計段階の進め方を開発する
実行:
決めたことを
実行させる
難しさを
克服する
実行段階の意味とは?
実行段階を成功させることこそがAIの成果づくり
クライアントの求めてる成果を作るために必要なアクション
実施段階の計画づくりをサポートする
Howのロジカルツリーを作成してみる
実行段階を成功させるためのノウハウを学ぶ
総合:
ワークショップ計画を完成させる
私がクラアイントのために開発したワークショップ計画書を分かちあう
相互説明により周りの意見をもらいブラシュアップする
私のワークショップ計画書を完成させる

 

講師

渡辺 誠
AIに関しての第1人者である米国のダイアナ・ホイットニーからDistinguished Facultyを与えられました。日本でただ一人のAIの資格コースを運営できる実践家です。
渡辺 誠の詳しい情報はこちら

受講料

定価 4日間で 定価150,000円 税込み価格162,000円

定員

・定員は6名です。
・個人指導が中心の実践型コースですので人数に制限があります。
・早めにお申し込みください。