「組織の力は、現場にあり。」
現場を起点とした対話の場づくりをデザインすることで、組織の効果性を向上します。

教育やコンサルティングに対する思い・姿勢

組織が持続的・効果的に動けるかどうかは、現場の人間関係に大きく影響を受けています。私はOD(組織開発)ファシリテーターとして、個人・グループ・組織の“強み”に焦点を当てた対話の場をつくることにより、この“現場の関係性”を強固にし、組織の効果性を上げていきます。またその際には、研修や対話の場だけでいい関係を築くのではなく、現場でよい関係が持続していくことを目的とし、施策をデザインしています。

得意分野

・ホールシステム/ポジティブ・アプローチをベースとした組織開発コンサルテーション
・継続的介入によるプロジェクト・チームの効果性向上
・ユングタイプ論を用いたリーダーシップ・マネジメントトレーニング
・体験学習を用いた人間関係・コミュニケーション・トレーニング
・マニュアル作成も含めた教育内製化・トレーナー・ファシリテーター育成

学歴

南山大学大学院 人間文化研究科 教育ファシリテーション専攻 修了

経歴

大学卒業後、東日本電信電話株式会社での法人営業・サービス開発を経て人材紹介会社でのキャリアコンサルタント職に従事。約400名のクライアントに対してキャリアカウンセリングを実施する傍ら、現場での育成(OJT)のしくみづくりや面接トレーニングなどを担当。その後、株式会社富士ゼロックス総合教育研究所、株式会社ToBeingsでは人材開発・組織開発コンサルタントとして製薬会社、化粧品メーカー、インポートブランド、SI企業、電機メーカーなどを中心に、マネジメント、リーダーシップ、チームビルディング、ファシリテーション、ビジョンメイキング、OJTなどの施策企画・立案・実行に携わる。この間、南山大学大学院にてラボラトリー方式の体験学習を主軸としたファシリテーションを学ぶ。2013年に独立し、ファシリテーター、コーチ、カウンセラーとして企業・個人の人材開発・組織開発支援を行う。

資格

・米国CCE, Inc.認定 GCDF-Japanキャリア・カウンセラー
・MBTI認定ユーザー
・米国PMI認定 プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル(PMP®)
・一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー
・一般財団法人生涯学習開発財団認定コーチ