AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)を学ぶ

AIの哲学、ワークショップ開発方法、ファシリテーションについて学ぶことができるコースです。

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)を学習するコースです。AIの資格をとることができますが、資格を目指さない学習をすることもできます。

AIを学べるセミナーのご案内

AIの哲学、ワークショップ開発方法、ファシリテーションについて学ぶことができるコースのご案内です。
また、AIをつかったコーチングやチームビルディングを学ぶこともできます。

→イベント・セミナー一覧はこちら

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)ワークショップ開発基礎コース

このコースは AI組織開発基礎コースを改め、よりワークショップ開発に力を入れるようにしたものです

→コース詳細はこちら
→2018年7月実施コース申し込みはこちら
→2018年11月実施コース申し込みはこちら

研修日数 3日
時間 初日は10:30~18:00、2日目以降は9:30~17:30
受講料 定価105,000円 税込み価格113,400円
日程 2018年7月20日~22日(金曜日・土曜日・日曜日)
2018年11月23日~25日(勤労感謝の日・土曜日・日曜日)

 

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)コーチングコース

→2018年8月実施コース申し込みはこちら

研修日数 2日
時間 初日は10:30~18:00、2日目以降は9:30~17:30
受講料 定価70,000円 税込み価格75,600円
日程 2017年8月4日~5日(土曜日・日曜日)

 

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)セルフリーダーシップ開発コース

→コース詳細はこちら
→2018年4月実施コース申し込みはこちら

研修日数 4日
時間 初日は10:30~18:00、2日目以降は9:30~17:30
受講料 定価140,000円 税込み価格151,200円
日程 2018年4月28日~5月1日まで 
(ゴールデンウイークの前半を利用して行います)

 

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)ファシリテーターコース

→コース詳細はこちら
→10月実施コース申し込みはこちら

研修日数 2日
時間 初日は10:30~18:00、2日目以降は9:30~17:30
受講料 定価70,000円 税込み価格75,600円
日程 2017年10月6日~7日(土曜日・日曜日)

 

AIワークショップ開発応用コース(最上級コース)


コース詳細はこちら

研修日数 3日
時間 初日は10:30~18:00、2日目以降は9:30~17:30
受講料 定価150,000円 税込み価格162,000円
日程 2019年1月12日~14日(土曜日・日曜日・成人の日)

アプリシエイティブ・インクワイアリー資格制度について

資格を希望される方向けの情報です。
AI資格認定制度は2つのレベルで成り立っています。初級レベルをAIファシリテーター資格とし、中級レベルをAIプラクティショナー資格としています。どちらも所定の研修コースを受けていただいたうえで、AIの実践をしていただき、論文審査と口頭審査に合格すると、取得することができます。

アプリシエイティブ・インクワイアリー・ファシリテーター資格 【初級】

AIファシリテーター資格とは

AIファシリテーターとは、AIの哲学とプロセスに基づいて作られたワークショップを運営できる力を持っている人に与えられる資格です。具体的には次のようなことができている人に対し与えられます。
•AIの哲学の基礎をしっかり理解し、実践していること
•AIのプロセス全体を理解し、援助を受けながらAIのワークショップを設計できること
•AIプロセスの一つ一つのねらいや効果を理解していること
•クライアントの目的達成のために、参加者の全体に対してAIのワークショップを企画し、ファシリテーションを実施できること

AIファシリテーター資格をとるためには

AIファシリテーター資格を取るためには、「AI組織開発基礎コース」と「AIファシリテーターコース」の2つを合わせて合計5日間以上のプログラムを修了することが条件です。
そのうえで、論文審査と口頭審査に合格すると資格が取得できます。
論文はAIを使ったコーチングやワークショップを、自ら実施し、その実施した内容、クライアントの状況を、実施の写真を合わせて報告してください。論文を提出した後で、口頭で審査させていただきます。、
サクセスポイント株式会社がこの資格を認定します。

AIプラクティショナー資格 【中級】

AIプラクティショナー資格とは

AIプラクティショナーの資格は、AIのオーソリティである米国のダイアナ・ホイットニーが認定する価値ある国際認定資格です。AIを利用して多様な状況において、課題達成を促進させることができる人に対して与えられます。

AIプラクティショナー資格を持つということは、多様な課題解決に合わせたAIの実施ができるスキルを習得したことを意味します。

•AIの哲学とスキルを自分自身のために使い、AIの哲学を日常生活で実践していること
•AIによる1:1のコーチングの仕方を知っていること
•AIによりチームビルディングができること
•AIによる組織の様々な課題を解決するためのAIワークショップを開発をする方法を知っていること
•AIワークショップのファシリテーターとして、ワークショップを運営できること

AIプラクティショナーをとるためには

この資格に挑戦するには、『AIファシリテーション資格』を取得していることが条件です。その上で、「AIセルフリーダーシップ開発コース」と「AIワークショップ設計手法応用コース」を受けてください。

AIを実施した体験を文書で報告し、口頭審査に合格するとプラクティショナー資格が取得できます。実施体験は、AIによる組織開発、ワークショップ、もしくは、チームビルディングなど、複数人を対象としたものであれば対象になります。

この資格はサクセスポイント(株)において審査を実施し、基準に満たされれば、米国のCorporation for Positive Change社の創設者であり、タオス・インスチチュートの創始者でもあるダイアナ・ホイットニーが認定証を発行します。

無料相談のお問合せはこちら